リサイクル

産業廃棄物

なるべく多くの廃棄物を「資源」に変換できるよう、リサイクルに関する研究を日々重ねています。

recycle_05.jpg
4656080_l.jpg

リサイクル

リサイクルの手順をご紹介

recycle_01.jpg

各現場から運ばれてきた産業廃棄物は展開場で、再生可能なものと不可能なものに分別されます。

recycle_02.jpg
recycle_03.jpg

再生可能なもののうち、コンクリート屑やアスファルト屑は小さく砕かれ、再生砕石として新たな建設資材に生まれ変わります。廃プラスチックはRPF(固形燃料)原料や再生プラスチック原料としてリサイクルされたり、又は有価物として売却されます。木屑はチップとなり、炭化原料や発電用燃料などに利用されます。

recycle_04.jpg

他にも、ガラス瓶や鉄屑など、多くの廃材が会員企業によって、有益な資源として生まれ変わっています。それ以外のものは、地中に埋めたり、細かく砕いて焼却することで、環境への負担を最小限に抑えた処理を行います。また、社会問題化したアスベストは、管理型埋立場にて、地域や作業員の安全を確保したうえで処理しています。